部長あいさつ

 

 

 

平成28年度

豊岡市商工会青年部部長基本方針

 

本気!本音!本物!

~今こそ『青年部ぢから』を信じよう~

 

 

 

 

今の日本経済は、輸出中心の大企業が好業績を出す一方、われわれ中小企業は消費の低迷、円安等による仕入れ価格の増大、採用難などが経営上の大きな問題となってきており、アベノミクスの政策効果は肌で感じることはできないのが現状です。また、私たちが住んでいるこの豊岡も人口減少や少子高齢化によって市場は縮小傾向が続いており、それとともに豊岡市商工会の会員数も年々減少の一途を辿っております。この厳しい状況下において、われわれ青年部員への地域からの期待は年々膨らんでいます。かけがえのない人たちとかけがえのない地域のために商工業を躍動させ、未来に向けた活力ある社会を創出すると青年部宣言にもありますが、実行していくのは並大抵のことではありません。ですが、われわれには地域に根ざした青年部活動があり、経営資質の向上の学びの場があります。青年部活動は、日々の業務をこなしながらの活動で、時間的にも体力的にも負荷がかかります。そして、そこには他では味わえない失敗しても何度でもやり直せ、常に新しいことにチャレンジできる環境があります。なによりもいろいろな価値観をぶつけあい切磋琢磨し、お互いを認め合うかけがえのない仲間がいます。

 

この青年部活動と経営資質の向上において、共通していることは、『本気!』『本音!』『本物!』だと考えます。何事にも最後まであきらめず、決してぶれる事の無い心と身体が生み出す魂『本気』。いつでも話し合えるかけがえのない仲間でお互いを認め合い高め合いながら同じ目標にチャレンジし、気持ちをぶつけ合う心『本音』。そして、諸先輩方から、また同志からの忠実なる意見や経験談から見えてくるもの。自らが発するものでは決して無く、周囲が認めて形になっていく姿『本物』。この三本こそが、私たちが目指す地域の活性化や商売繁盛、さらには景気低迷の打開策となる大きな柱だと確信しております。そして、この三本柱こそ、わたしが考える『青年部ぢから』に必要不可欠なものなのです。 

 

『本気!』『本音!』『本物!』~今こそ『青年部ぢから』を信じよう~を今年のスローガンに掲げ、今一度、自分たちがやってきた事、今後やらなければならない事を再認識して、この『青年部ぢから』を胸に同じ目標に向かっていきましょう。私たち、地域の青年経営者、後継者は地域社会からの期待、問題をしっかりと胸に受け止め、正面から真摯に取り組んでいくことが大切です。時には、挫折し目標を見失うこともあるかと思います。そんな時こそ、この『青年部ぢから』を思い出し、仲間と共にもう一度立ち上がりましょう。

 

信頼できる仲間と共に、この豊かな地方都市“TOYOOKA”を盛り上げていきましょう。私達中小企業の繁栄発展が“TOYOOKA”の繁栄発展につながります。“TOYOOKA”の明るい未来は、私達の手でつくりましょう。

 

 

 

 

平成28年度豊岡市商工会青年部

部長 宮崎 秀平

本所・支所 MAP

 ピンをクリックすると 詳細が表示されます。