< 総務委員会 >

 青年部内部の運営を正確かつ迅速に行い、組織全体が円滑に活動できるようにサポートする。また、過去の実績やデータを分析し組織連携の効率化を図る。 

< 地域開発委員会 >

 地域の方々との連携や他団体との交流を深め、青年部の活動を通して地域経済の発展に貢献することができるような新たな取り組みを企画し実地する。

< 経営委員会 >

 日々、変化していく厳しい経済状況の中、若手経営者として必要な知識を「学び、体感、実践」することで、個々人の資質向上を目指す例会を開催する。

< 会員委員会 >

 部員個々が学びの意識を持ちつつ、皆が楽しみながら活動に取り組んでいけるような絆づくりを図ると共に、日頃からお世話になっている家族や部員との交流が持てるような事業を行う。

< 特別委員会 >

 地域や他団体との関わりの中で、必要とされる役割を確立し、青年部の存在意義を高め、最大限の力が発揮できるよう活動する。そして次年度以降も続くような外部との関係を構築する。